紙の新聞

最近、ニュースはほぼネットで知る。

Yahooニュースにせよ日経新聞のトピックを束ねたメールにせよ、表題で何となく大雑把に把握して、気になった情報だけを深堀りする。

俄然、知識そのものも浅くなる。広くなっているかはわからない。おそらく得た情報は海馬に残らず流れてしまい、知識の広さも確保できていないだろう。

 

今日は久々に紙で日経新聞を読んだ。

偶然なのかどうなのか、面白い!と思える記事が多いのが不思議だ。

 

  • 三菱UFJ信託、融資業務から完全撤退

・今後は資産管理、運用に特化。「米国型の信託銀行へ」

  • 日本が米国と米国陣営国(第三国)へのインフラ投資に金を出す

・財投債を発行しJBICなどに新基金設立

  • 米ハイテク(Google、Facebook、テスラなど)、中国拠点拡大。狙いは巨大市場での「AI」

・予測記事も含まれるが、中国で積極的に個人情報を収集してAI開発を進展させたい、ということ

・テスラは「超高速輸送システム」で協力

  • NTT、電通がNetflixなど国際的動画配信プラットフォーマー経由のコンテンツ流通促進のために100億円ファンドを組成

・ファンド運営会社「ジャパンコンテンツファクトリー」を新設

・運営会社?ファンド?への出資比率:NTTぷらら=4、CJ機構=3、YDクリエイション(吉本、電通)=2、その他、文春、イオンエンタが少額出資

・映画、アニメ、ドラマ作品を完成させるための資金を制作会社に融資する

 

大きくは米中の覇権争い、AI開発競争におけるグローバル・ハイテク企業&中国の協力進化(その結果の国力増大?)、情報銀行への布石(読みすぎ?)。

身近なところでは“コンテンツ・イズ・キング”実現に向けての国際的プラットフォーマーへのWIN-WIN提供の開始(とはいえ、まだまだ金額は少ないと思うが)、等々。

 

いやあ、時代は大きく動いているなあと、ポジティブに思う反面、結局、時代に取り残されているような寂しさも感じたり。。

 

一方で東京医大のスキャンダルだったり、JDI支援だったり、「えっ! 一体いつの話をしているのですか?」と思うくらいに前近代的な話があったり・・・。

世の中は新旧のグラデーションをまといながら、これからも大きく動いてゆくのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください